心の自由度を上げるヒント

いつもお読みいただきありがとうございます。

コーチングを取ってくださった方から

「楽になりました」

「自由度が増しました」

などの言葉が聞こえてくると、

うまく行っている証拠だなぁと胸を撫でおろします。

どんなことで楽になるか、

自由度が増すかは

人によってそれぞれですが、

「物事を受け入れる器が大きくなる」ことに近いです。

私達は子供のころから

ご両親からのしつけや教育で

「あれはだめ、これはいい」などの

「判断」を持って育ってきます。

子供というのは本当に純粋なので

親のいう事を素直に受けいれる。

それが、良い人生を送る為の間違いない方法だと

信じて疑わないからです。

けれど、大人になってから

自分なりの選択をする局面に来て初めて、

「その定規では計り切れない事」があると知るのです。

同時に、

「してはいけない」と教えられてきたことを

堂々とやっている人を目の当たりにして

「え!」と、びっくり仰天。

ここまではまだいいのです。

「それっていいの?」

「普通、ありえないんじゃない?」

自動反応的に「批判」や「責め」に繋がってしまう事が

往々にしてあるのです。

この反応が、決して悪いわけではありません。

でも、人は鏡とよく言います。

他者に向けたその視線は、

そのまま自分を縛る足枷となって、

自分をも不自由に追い込んでしまう。

これって、とても悲しいですよね。

生きている以上、

「あれ?!」と感じる瞬間を

なくすことなどできません。

決め手は、受け取り方を変えること。

「自分はこういう時に、こう感じる」という、

‘自分を知る機会’に繋げていくのです。

起きる物事に良い・悪いは無いですし、

湧いてくるどんな感情も受け止めてあげましょう。

判断や決めつけは無しで、

ただただニュートラルに。

自分を受け入れた分だけ、

相手のことも、懐深く受け止めることが出来るようになりますよ。

器が大きくなるとは、

判断や基準の縛りから解放されて、

どんどん自由になっていくこと。

この発想を持つことが出来ると、

何気ない日々の日常は、

「自分を知る」ためのメッセージに溢れていることが分かるのです。

ではまた。

皆様の人生を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です