自分軸で生きる「覚悟」のスイッチ

いつもお読みいただきありがとうございます。

3か月のコーチングセッションを終えた方から

アンケートが届きました。

Q.畠田裕紀子を一言であらわすとどんな人ですか?

一言で表すならタイムマシーンかなと思います。(笑)現在、過去、未来の自分と、先生を通じて向き合うことができたから。

ありがとうございます。(笑)

潜在意識には時間という概念が無いので、自由自在。

ホント、行ったり来たりしましたね^^

「こうしたいのに出来ない」という葛藤が生まれる時、

邪魔しているのは過去の記憶です。

この方も、「燃焼しきれない何か」を抱えているように見えました。

せっかく生まれてきたなら、

命を燃やして生きたい。

そんな心の声が、聞こえていたように思います。

無意識下の過去を丁寧に掘り下げ、

否定的に捉えていた事象の書き換えをしました。

「守り」から「挑戦」へ

スイッチが切り替わった瞬間がありました。

あの時、「生き方」が定まったように思います。

Q.ご自身にとって、一番価値を感じられたこと、気付きはどんなことでしたでしょうか?

他者と比較し、競うことも成長する上で大切な時もあるが、そればかりに囚われると一生終わることのないレースに参加することになる。
自分がどう生きていたいかを他者の軸でなく、自分の軸で考えることの大切さ。
自分がいま、とても恵まれた環境にいることへの気づき。


もう言葉がありません。

これからもずっと応援していますよ。


今現在、皆さんも感じられている通り、時代の変革期。


これまでの横並びは終わりを迎え、

あらゆる事を自分で選んでいく時代に入ります。

ボーダーレスが進み、

選択肢が爆発的に広がる一方、

自分は何を選ぶべきなのか、絞り込むのも一苦労となるかもしれません。

その時、支えとなるのが

「自分はどう生きていきたいか」という軸なのです。

あなたが大切にしているもの。

あなたが守りたいもの。

あなたが愛しているもの。

基準は人と違って良いのです。

大切なのは、あなたがきちんと自分をわかっていること。

それが「自分軸」で生きることへの第一歩です。

しっかり確立しておきましょうね。

ではまた。

皆様の人生を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です