人と人が生む驚異のミラクル。「場」のちから

いつもお読みいただきありがとうございます。


今月から3か月間ご一緒するクライアント様と手に入れたい目標の設定を行いました。


実はこの設定という作業、コーチングの中でもかなり重要な位置づけ。

コーチとクライアント様との共同作業によって、一人では見いだせなかった世界観を構築していく時間であり、この3か月間の充実度を左右します。

一緒に未来を想像している瞬間、トラウマやメンタルブロックも不思議と氷解します。


これこそ、人と人の関わり合いの「場(Rerational Field)」によって起こる奇跡。


同じ目標を目指すにしても、3か月間一人で努力するのと、二人で協力体制をとって進むのでは、累乗的な差が出てくるのはここ理由があるのです。

どのクライアント様も、スタートして数回目で初期の目標は軽々と突破し、更に高い視点が備わってくる。

溌剌として、頼もしい影響力がありありと感じられるようになってきます。

人はここまで変われることを、身をもって教えてくださるクライアント様達に感動と感謝しかありません。

 


話は変わりますが、ふとしたことから明治、大正時代の平均寿命は43歳だったと知りました。


昨今、’人生100年時代’はポピュラーになったけれど、人類にとって初めての体験であることは間違いなく、様々な紆余曲折を経ながらも、その知恵を結集していくことが不可欠でしょう。

これまでと同じ生き方では、いずれ行き詰ると感じます。

同時代に生きているというのは、協力し合って、応援しあって、新しい時代を築く仲間。お互いの得意な領域を伸ばし、加速して、伸展していきたいと心から願うのです。

宇宙には、現在・過去・未来のすべての出来事が記録されているアカシックレコードという記録層があると言われます。

いま、この瞬間の私達の選択をも、そこに書き込まれているのかもしれません。

もし、そうだとしたら、次世代に継ぐ叡智として、あなたは何を残したいですか?

何を育んでいきたいですか?

 

是非聞かせてくださいね。

なにかお役に立てることがあればいつでもご連絡ください。

 

▼ご相談はこちらから

https://resast.jp/inquiry/37252


ではまた。

皆様の人生を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA