脳内思考を整理する。脳は意外と雑音だらけ、〇〇するのは難しい

いつもお読みいただきありがとうございます。

先日に続き、ラジオの活動を通じての気づきをシェアします。

今年に入り、一つの題材について5分で語る枠を頂き、新しい挑戦をしています。

 

 

誰かと一緒のトークでも、

原稿を作って読む、というのでもなく、

相手の相槌を受けとりながら、「主題」を伝えていく作業。

簡単なプロットは用意していくものの、

会話という形で伝えようとすると、

あれもこれも、と話があちこちに膨らみ

肝心な部分がボヤけてしまう、残念なことに。。

 

 

サービス精神で情報を広げるには短く、核心部分だけだと長すぎるのが5分という奇妙な時間。

 

私は「自分軸」で生きることをサポートさせて頂いていますが、この「5分」という小さな枠組みにおいても軸を持つのと持たないのとでは、伝わり方に大きな差が出てくるのだな、と改めて痛感しています。


同時に、脳というのはいかに集中することが苦手か、ということも感じます。

良く言えば好奇心旺盛に、悪く言えば見境なく、いろんな情報に触れようとする。更には、そんな玉石混交な情報たちに優劣をつけることなく、並列に扱ってしまう。

 

だからこそ、時として私たちは「自分にとって本当に大切なものは何か」を見失ってしまうのではないか。そんな風に感じるのです。

私たちの時間はそんなに長くありません。

 

あなたにはあなたの個性があるように、軸に合わせて、情報達も取捨選択していくこと。

ずっと一人の思考の中にいると、大切な部分を見落としていたり、人生の主題から外れてしまていることにも気づけません。


「話す」という手段で、ご自身の内情を外側に出すのは助けになります。

そんな時には、お手伝いできると思いますのでご連絡くださいね。


意図的に「集中」が大事です。

 

 

 

ではまた。

皆様の人生を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です