まずはここから始まる。パンドラの箱を開ける勇気

いつもお読みいただきありがとうございます。

年末から新年にかけて「目標設定」や「夢」についてたくさん書き綴ってきました。

神社を参拝させていただいた後、今年一年の願い事を叶ったと想定して、あらかじめお祝いしてしまう「予祝」というイベントも開催しましたし、コーチ仲間が開催した別の大規模な予祝会にもお呼ばれし、新しい年のエネルギーを満喫させていただきました。

ご新規でコーチングをお受けくださる方も、

この一年を見据えてのお話や、

2020~2030年の10年スパンで、

壮大な夢を描きに来てくださる方も多かった。


1月はまさに「目標設定月間」だったと思います。

改めて強く感じた、目標設定で一番大切なこと。

何だと思いますか?

それは、「今の自分を受け入れる」という事。

文字にしてしまうととても単純なのですが、

これが実は一番難しい。


未来志向で一見ポジティブな人に限って、今の自分を嫌っていたり、受け入れていなかったりするのは往々にしてあること。

目の前に広がる現実を受け入れるのがつらくて、未来に「逃げ」ようとしてしまうのは私達人間の自然な姿なのですね。

でも、全くの新しいステージに進みたいと願うなら、見ないようにしてきたパンドラの箱を開ける勇気が必要なのです。

箱の中から出てくるのは、

あまり好きではない自分、理想とはかけ離れた自分、情けない自分かもしれない。

でもね、それは決して否定されるべきものではないのです。

過去のある時代には、その自分こそ、命を守る衛兵の役割を担っていたかもしれないのだから。

そんな自分を認めて許し、受け入れ、

まるまる愛せた時に次のステージへの扉が開きます。

ですから目標設定というのは、

ただただ未来を空想するのとは異なります。

丸ごと今の自分を包み込む愛情が何より大事になってくる。

今年大きく飛躍するためにも、

ご自身への愛情を大きく溢れさせていきましょう。

節分まであと一週間。

改めてご自身を見つめるのには良いタイミングですよ。

 

 

 

ではまた。

皆様の人生を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA