ライバル知らずの在り方は~本当のブルーオーシャン~

お仕事のご相談でいらっしゃる方は、個人でのビジネスをどう立ち上げていくか、の課題に直面している方が多いです。

その際、大きな心理的な障壁となるのが「既にこの仕事で成功している人が多い」とか、「競争が激しい業界だから、難しい」というもの。

巷ではお客様を巡ってライバルがひしめき合っている状態を「レッドオーシャン市場」と呼びますね。

確かに、想像すると、後ずさりしたくなる状況です。

 

ですが、かといって競争相手が少ないブルーオーシャンで、独占的に展開出来れば、必ず成功するかといえば、そうでもない。

なぜならば、全くのブルーオーシャンの場合、人に知ってもらい、その良さを納得してもらうまでにかなりの時間と手間が必要だからです。

新しい概念を生み出すという意味では大変、画期的。

 

ですが、そこに真の価値を見出し、理解されるまでに頓挫してしまうサービスも多くあるというのが現実なのです。

そういう意味では、レッドオーシャンというのは、「確実に需要がある」証拠とも言える。

簡単ではないその市場の中で生き抜いていくには、「あなたにお願いしたい」と言われる存在にまで自分自身を磨くこと。

それ以上の秘策はありません。

 

お客様になってくれた人に寄り添い、未来を一緒に創る覚悟を決めること。

 

共に過ごした人々が世に出ていったとき、その世界はどう変わっていくか。

その世界観をどれだけ明確に持っているかが決め手になるのです。

磨きに磨き込んだ時、例えレッドオーシャンの市場でも、「あなたに会いたかった」と言ってくれる運命のお客様に出会うでしょう。

今ほど「人」の在り方が問われる時代はありません。

あなたがあなたのビジョンをどれほどクリアな状態にしているか。


全てはここに尽きるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です