本当の幸せへのはじめの一歩

願い事は叶うのって、本当に嬉しいですよね。

先日の「願いがすんなり叶う時」でも触れましたが、潜在意識下で「本当に信じていることは何か」をきちんと把握したうえで目標を立てると本当に叶いやすいです。

コーチングを受けて頂いている方には3か月、或いは6か月という時間を使って多方面からのアプローチで、実現に導いていきます。


その時、どの方にも必ずお伝えするのは「自分の感情に気が付いてください」ということ。


皆さんにとって、「感情」って何でしょう。

出すべきではないし、抑え込んだほうがいいですよね?と厄介者扱いされてしまう事も少なくない「感情」。

ですが、人生を変えていこうとするとき、この「感情」の扱い方を変えることが、大きなきっかけになることも多く、是非、ご自身の「感情」にもっと寄り添ってあげて欲しいなぁと思うのです。

効率性や合理性を重んじる会社員生活を長く続けるうちに、感情を感じることが苦手になってしまった方。

幼少期から「我慢しなさい」と言われ、それを素直に受け入れてきてしまった方。

或いは、

辛いことが重なったり、あまりに衝撃的なことが起こった際、自分の心を守るため、「感じる」事を閉ざしてしまった方。


きっかけはそれぞれですが、私達は日常を滞りなく過ごすことを重んじるあまり、感情を封印してしまう事がとても多いです。


確かに、抑え込んでしまえば激情で誰かを困らせるようなこともない。けれど抑え込んでしまった感情が、この世から消えるわけではないのが恐ろしいところ。

上からぎゅっと蓋をされた感情は、脇から、背後から、時間差を伴って、思いもよらない負の形で具現化してしまうのです。


ですから、毎瞬毎瞬生まれてくる感情に、その都度、正直にいることが、健全な心を保つ一番の秘訣なのですね。

ポジティブな感情も、ネガティブな感情も、良い・悪いの区別はありません。

どちらも、「あなたらしさ」を示す指標。

今、あなたが「感情に正直なれていないかも」と感じるなら、ためている感情を、全部吐き出してみましょう。

信頼できる誰かに話すも良し、ノートに書き綴ることもお勧めです。

その行動を後押しする「どんな感情も、全部話していい」という自分への許可。

これこそが、あなたを本当の幸せに導くはじめの一歩になるのです。

 

 

ではまた。

皆様の人生を応援しています。

 

ご相談はこちらから受け付けています。

 体験セッションご予約(フリーフォーム)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です