願いがすんなり叶う時

その昔、子供の頃、夏休みの宿題に日記がありました。

横着者の私は、まとめてやってしまいたくて、気分が乗ったその日、先々のことまで書いてしまったのでした。

そうしたら、あら不思議。びっくりなことに、いくつか書いたとおりに叶ってしまったのですね。

いわば「未来日記」。

引き寄せの法則などが流行する、ずっとずっと前の時代です。

当時は、「絶対この通りになってほしい」とか、「この通りにならなければ困る」など、不足や欠乏の意識が皆無だったこと。

これが叶ってしまった一番の要因だと思います。

 


今、サポートさせて頂いているクライアント様も願望実現のメソッドを試みている方、いらっしゃいます。

毎月月初に目標を立て直す方、

理想の自分に近づくために音源を聴いている方、

新月のタイミングでアファメーションをする方、

ビジョンボードを作る方、

ひたすら妄想する方。

 


それぞれ個性があって面白いですよね。

正しい、間違いはありませんので一番心地よくて、やっていて楽しい方法でいいと思います。

ただし、どんな方法を選ぶにしても、潜在意識下に「打ち消す信念を持っていないこと」が条件。

 

お金を稼ぎたいのに、「自分は稼ぐ能力はない」と思っていたら叶いません。

たくさんの友人をつくりたいのに「自分は人から好かれない」と信じていたら叶いません。

ゆったりとした気分で過ごしていきたいのに、「苦労をしなくては成長できない」と信じていたら、いばらの困難が待ち受けているでしょう。

自己不信、無力感、欠乏感は実現を妨げる最大の敵なのです。

もしも今、「叶ってほしいのになかなか叶わない」と感じているなら、無意識に抱えている「負の意識」に気づくことが大事です。

 

同時に、マスコミや周りの情報に流されず、「私は本当はこうありたい」という

真の願いを明確にしましょう。

 

潜在意識と顕在意識のベクトルが一致した瞬間、あなたの人生は動き出します。

 

それこそ、コロン、と驚くほどにあっけなく。

 

自分を進ませるのも、止めるのも、全てあなた次第なのです。

 

 

思い切って進みませんか?ご相談はこちらから受け付けています。

 体験セッションご予約(フリーフォーム)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です