心のこもった贈り物~相手に思いを馳せる~

先日、私が長年お世話になったところを卒業するということで、送別会を開いていただきました。人間の集まるところ、いろいろトラブルもつきものですが、振り返ると不思議といい思い出しかありません。

 

心温まる歓談をした後、予想外のプレゼントをいただいて、テンションが上がってしまいました。

 

フィレンツェのメーカーのルームフレグランス。

 

それも大好きな赤ワインをベースに、完全オーガニックで作られたもの。

瓶もとってもお洒落で、中身を使い切った後も飾っておきたいような品物。

 

後輩の男性陣が一生懸命選んでくれたかと思うと、心が熱くなりました。

 

不思議なのは、どうしてこんなに趣味に合ったものを選べたんだろうということ。

彼らとの接点はそれほどたくさんはありませんでした。

 

それでも、なんとか思い出に残るものをということで、いろんな人から情報を集め、私に思いを馳せてくれたのだと思うと、それだけで胸がいっぱい。

 

私の好きな物や世界観に共鳴し、共有してくれたという事だから。

なんだかお別れするのが寂しくなってしまいました。

 

誰かに思いを馳せる、このことがこんなにも人と人との距離を近づけるのならば、普段一緒にいる人にこそしたらいいな、と改めて思いました。

 

高価なプレゼントは必要ないですが、自分とは違う相手の価値観に触れてみる、尋ねてみる、取り入れてみる。たったそれだけで、きっと相手は嬉しくなるものだと思うのです。

 

大切な相手なのに、あまりにそばにいすぎて甘えていたかも、と感じた時は。

改めて相手の世界観に入ってみると、新しい気づきがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA