第二の人生のスタートに大切なこと

「変わりたい。」

多くの人がこの願望を持ち、本を読んだり、セミナーに行ったりしています。

これまでの人生が悪いわけではないけれど、もっと何か、心震える何かに出会いたい。

叶う事なら、全く違う人生を歩んでみたい。

誰しもそんな思いを持ったことがあるのではないでしょうか。

 

自分が望んでいた学びに出会えた時には、「これで変われる!」と、ときめきのような気分でいっぱいになり、ますます学びが楽しくなりますね。

望む未来を思い描き、うっとりして。

そんな時間を持つことはとても大切です。

その思いがあなたを未来へ引っ張っていってくれますから。

 

それでもなかなか夢が叶わず、苦しくなってしまうこともあるでしょう。

自分を責めたり、他に理由を探してみたり、別のセミナーに鞍替えしてみたり。

 

 

そんな時はぜひ振り返ってみてほしいのです。

 

 

あなたは、これまでの人生をちゃんと認めてきたでしょうか。

今、あなたはどこにいるのか、確認しているでしょうか。

そしてそれを、受け入れているでしょうか。

それをしないことには、人生の前進はあり得ない。そういっても過言ではないでしょう。

 

 

人は、今の自分を認めることは、とても怖いものです。

 

わかりやすい例でいえば、毎晩の体重計に乗るのに、ちょっと勇気がいるように。

 

過去があって今がある。

あなたが創り上げてきた人生の中には、苦しんだ事もあるでしょうし、思い出したくない事実もあるかもしれない。

でも、そこを勇気をもって自分で受け止め、

「ああ、自分の人生には、こんな意味があったのだ」

そんな深い理解が訪れた時、初めて次の人生が始まります。

 

「こういう事を乗り越えてきた自分だからこそ、こんな形で世の中に貢献できるのだ」という確信とともに、新しい未来へ繋がっていくのです。

 

この作業を私は「人生の棚卸」と呼んでいます。

人生を再設計(リ・デザイン)するには、「棚卸」が欠かせないのです。

 

 

「今の自分」と出会う時、客観的な目線で受け止めてくれる誰かがそばにいてくれたら。

少し安心できるのかもしれません。

 

私自身も、そういう「安心」をたくさんの人から与えてもらってきました。

 

今は、あなたが人生を変えるとき。

私はそばに寄り添い、棚卸をお手伝いする人でありたい。

そんな思いを込めて、コーチとして、プログラムの提供をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA