旅先で思う、「お母さんって、幾つになってもいいもの」

ローマ&フィレンツェに行ってきました。

イタリアってもっとおっかないところかと思っていたら、みんな優しくて、愛情深くて、想像していたよりずっと過ごしやすかったです。

 

先日のラジオの中でもお話しましたが、ヨーロッパの電車とかってホントに自己責任ですよね。日本では駅のホームに入場することが、まずは厳しいから、知らない間に無賃乗車していた!ってことはほとんどないと思うのです。

 

ヨーロッパでは、どんな理由があろうとも無賃乗車は無賃乗車。

 

発覚した瞬間に、高額の罰金が徴収されてしまうのです。

旅行者だから知らなくて、、とか

あの駅で乗り換えようと思っていたのに、間違えた、、なんて

一切通用しない。

 

「無賃は無賃。お支払いください。」なのですね。

 

今回、予約していた高速列車が事故を起こして、目的駅までたどり着けないというトラブルも発生したのですが、ほんとにひやひやでした。

 

こういう面では日本はやっぱりすごいな、と思います。

駅の表示なんかも、できるだけ迷わないように、矢印やら記号やら、動線案内やら、工夫がいっぱい。ありがたいなって思いましたし、帰国してほっとしました。

 

今回は、ちょっぴり膝の悪い母に合わせて、スローペースのじっくりの旅だったのですが、

 

大人になってから、母とこんなに長く二人だけの時間を過ごすのって初めてです。

 

やっぱり「お母さん」って、いくつになってもいいものだなって思いました。

 

コーチしていると母親との関係性が障害になっているパターンが多くありますし、私自身も母の育て方に不満を感じていたこともありました。

 

母親をありがたく思える状況にある今の自分は、ずっとずっと生きやすい。

 

うん、やっぱりお母さんっていくつになってもいいものです♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA