やっぱり愛してほしかった、その相手とは(3)

「畠田さん、
こんにちは、
ご無沙汰していました。

実は×月末に主人は、あと2週間の命の状態でした。
手術をして、1か月で退院、今は自宅療養しながら、仕事も再開しています。

私は、畠田さんから頂いた、様々な力づけの言葉を支えに、主人の大変な時を2人で乗り越えられました。

あれから、私が主人の代わりに仕事をしたり、役割分担しながら、二人三脚て支えあいながら、頑張っています。

本当に、素敵な魔法の言葉をありがとうございます。

こちら地元にいる時間が長くて、東京でもおかげさまでタイトなスケジュールなので、お会い出来るのがもう少しかかりそうですが、近況と、お礼をお伝えさせて頂きました。」

 

コーチとしてはとてもうれしいご報告です。

私は、クライアントさんの中にある、復活する力、回復する力、伸びていく力を信じてセッションさせていただいていますが、このような直接のメッセージに勝るものはありません。

 

人間の持つ自然治癒力は、肉体的なものだけではありません。心にもちゃんと備わっています。

 

たとえ今どんな状態にあったとしても、何かをきっかけにして、元に戻ることはもちろんの事、それ以前にもまして、素晴らしい能力を発揮できる可能性があることを、是非皆さんに知っていてほしいと思います。

 

夢のような回復を見せてくれたH香さんに、大きな拍手を送ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA